テーマ:日本学術会議

任命拒否で見えた菅政権の強さ弱さ

 国会論戦のなかで日本学術会議の任命拒否に対する菅首相の論拠はことごとく崩れ去った。そして新たな問題が菅首相から語られた。強権政治の姿とともに、それは民主主義とは相容れないものだけに国民の怒りを恐れる弱さが見えた。  新たな問題の1つは、菅首相の学術会議会員人事介入が大問題なのに、決裁前に杉田和博官房副長官から6人を任命しない報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more