テーマ:50代以上のblog

デジタル化、生活のデータ「野蛮」な扱い

 文明の最先端にある「デジタル化」のデータの大部分は市民の生活にかかわる個人情報である。ところがその扱いは、文明とは反対の「野蛮」な状態に置かれようとしている。個人尊厳を原理とする民主主義の現代にである。【デジタル(8)】  国民健康保険、国民年金、介護保険、子ども・子育て支援、生活保護、健康管理、個人住民税、住民基本台帳など自治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル庁てぇ~のは「総理独裁」かい

助さん デジタル庁てぇ~のは「総理独裁」だ、という奴がいたがどうなんだい。 ご隠居 そうだなぁ~国の仕組みが大きく変わるからねぇ。【デジタル(7)】 ご隠居 デジタル庁設置法案の提出理由は、「デジタル社会の形成に関する内閣事務を内閣官房とともに助ける」「迅速かつ重点的な遂行を図る」としているんだ。 助さん ちっとも分からん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LINE 病巣の検出・手術の行方は

 LINEの個人情報管理「不備」で親会社ZHDは、外部有識者による「グローバルなガバナンスに関する特別委員会」を設置。座長の宍戸氏は3月の記者会見で、「LINE社の対応は緊急措置。いわば止血をしただけ。本当の病巣がどこにあり、どうゆう手術をしなければならないかはこれからだ」と述べた。調査・解明作業は進められているが、事の本質解明と利用者…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

LINE管理「不備」と財界の不思議

 8600万人が利用するLINE問題。個人情報の扱いは、国民の考えと財界・企業の考えは大きく違っているようだ。個人情報はどうなるのか。【デジタル(5)】 LINEは、システム開発を委託した中国企業に国内のサーバーアクセス権を与えていた。また、利用者規約は、データを第三国に移転するとしながら国名を明記していなかった。解決策として…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

進化するセキュリティ脅威、人権は

 LINEの個人情報管理「不備」は、個人情報の扱われ方に深刻な問題を投げかけている。そこで今回、スマホ・SNSなどの安全性がどのように脅かされているのか、経済産業省所管の独立行政法人、情報処理機構(IPA)が発表(2月26日)した「情報セキュリティ10大脅威2021」から見てみよう。【デジタル(4)】  「個人」向け脅威の第1位は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桜散る 残る桜も 散る桜」に思う

 これは良寛の辞世の句として伝えられる。寂しくもみんな散ってしまう、とも思えるが、それは違う。「散っては、また翌年咲いてくるという大きな流れが脈々とある。生命は散っても散っても、また咲いてくる。そうした自然の計らい、働きの中に、自分も入っていく。だからみんな寂しがらなくてもいい」と、一つの大きな命をあらわしていると、フランス文学者の栗田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅「デジタル化」とマイナンバーの不安

 菅政権が「デジタル化」政策を推進するもと、お得感や利便性を押し出すマイナンバー宣伝が強まっている。改めて、マイナンバー法を読むと、漠然とした不安は確信になった。【デジタル(3)】  マイナンバー法「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(2016年)第1条は、行政運営の効率化、公正な給付と負担、手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナンバー“ひも付け”の世界

 「ひも付け」という言葉がはやりだした。マイナンバーと何かをひも付けるのである。しかしながら、マイナンバーのひも付けに潜む重大な問題が隠れている。「デジタル庁」設置と一体ですすむマイナンバーだけに。【デジタル(2)】  マイナンバーの交付は、2月1日現在で全国平均25.2%。5年目に入るのに5人に1人である。1人5千円を配布する「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more